読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生や中学生の子供の脇毛や背中の毛や口ひげの処理法!

小学生、中学生の子供の脇毛や背中の毛や口ひげ。処理法が分からなくて困っていませんか?フェリエはどうなんだろうと思っていませんか?薄くなる方法をはじめとする情報満載。小学生や中学生の脇毛や背中の毛や口ひげ解決ブログ!

子供が毛深い 豆乳ローションでアプローチする方法

f:id:kebukai:20160523165113j:plain

子供が毛深いと、親としては色々と調べて、何とかしてあげたいと思うものですよね。

まずは自宅でできる方法で、子供の悩みを解消してあげてはいかがでしょうか。

 

自宅で手軽にできる方法として、豆乳ローションによる抑毛があります。

ここでは、その方法と効果をチェックしてみましょう!

 

豆乳ローションとは?

f:id:kebukai:20160707135625j:plain

豆乳ローションとは、毛を薄くしたり細くしたりして毛量を抑えてくれるローションです。

効くタイプの肌質であれば、ほとんど生えてこなくなることもあります。

 

毛を作る細胞に栄養を供給する毛乳頭へアプローチし、毛が作られるのを抑制してくれます。

 

髪の毛が薄い人っているじゃないですか?

あの状態を、強制的に作り出すわけです。

 

ただし、脱毛ではないので、塗り続けていないと効果が持続しないのと、やめるとまた元に戻るという点は注意が必要ですね。

 

大豆イソフラボンで毛に働きかける

f:id:kebukai:20160707145733j:plain

大豆イソフラボンを、利用したローションが代表的ですね。

大豆を使った豆乳ローションは、しっかり塗れば効き目が高く、肌にマイルドなのがメリットなんです。

 

大豆には、イソフラボンという、女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富に含まれています。

 

ムダ毛は男性ホルモンの影響を受けており、女性ホルモンは男性ホルモンに拮抗する働きをします。

 

そのため、大豆で作ったローションを直接肌に塗ることで、毛穴に女性ホルモンに似た成分が浸透し、ムダ毛が抑えられるというわけですね。

f:id:kebukai:20160706094218j:plain

 

大豆を使った豆乳ローションで、毛深い悩みを解消し、肌のきれいさもアップできますね!

 

手作りの抑毛ローション

豆乳ローションは、抑毛ローションの中の1つです。

 

そんな抑毛ローションですが、最近は手作りが注目されているんですよ!

大豆をメインに、レモンやアルコール、パイナップルなどをプラスして作るパイナップル豆乳ローションというものもあります。

f:id:kebukai:20160707150101j:plain

書籍は、医学博士で名誉教授の、高濱素秀医師が監修されています。

書籍の中には、効果を感じている多くの体験談が掲載されています。

f:id:kebukai:20160707150159j:plain

f:id:kebukai:20160707150349j:plain

 

毎日塗り続けることで、毛を薄くし、抜けやすくする効果があります。

少しずつ、自然に毛量を減らしていくことができるんです。

 

子供だと周囲のお友だちの目も気になるので『ある日、急にツルツルになっていた!』は困りますよね。

 

自然に少なくなっていくほうが、心理的にもおだやかでいられるのでは?

 

普通、脱毛クリームなどお肌に塗って使う脱毛グッズは、お肌を乾燥させ、傷めやすいものが多いのです。

が、抑毛ローションだったら、保湿成分をふんだんに含まれているので、お肌にダメージを与えるどころかキレイになる一方というわけですね!

 

抑毛ローションの効果

f:id:kebukai:20160707152028j:plain

さて、抑毛ローション(豆乳ローション含む)の効果は本当のところ、どうなのでしょう?

口コミを見ると、合う人が多い反面、中には合わない人もいるようです。

早い人は、塗り始めて1、2週間で効果が出ています。

 

毛抜きを使ったらスルスルと簡単に抜けたり、ポロポロと自然に毛が抜けるようになったりします。そこまでいかなくても、濃い毛が薄くなったり、毛穴が目立たなくなったりという変化があるようです。

 

その反面、塗っているのにまったく変化がない人も…。

 

抑毛ローションは、作り方や塗り方にコツがあるので、一度で諦めず、何度か作って塗り続けてみるのが良いのではないでしょうか。

 

肌にマイルドで効果も抑毛は、子供の毛深い悩みを手軽に解消するのに、ピッタリの方法と言えそうです。

 

毛深いということは、幼い子供にとって精神的に影響を与える可能性もあります。

子供だからと放っておかずに、まずは自宅でできる安全な処理方法で、不安や辛さを軽くしてあげましょう!

 

重複する部分もあるのですが、こちらでも抑毛について書いています

 

お時間がある場合に、読んでいただければ幸いです。