読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生や中学生の子供の脇毛や背中の毛や口ひげの処理法!

小学生、中学生の子供の脇毛や背中の毛や口ひげ。処理法が分からなくて困っていませんか?フェリエはどうなんだろうと思っていませんか?薄くなる方法をはじめとする情報満載。小学生や中学生の脇毛や背中の毛や口ひげ解決ブログ!

小学生の脇毛処理に適した3つの方法はずばりこれ!

f:id:kebukai:20160708124742j:plain

小学生の女の子も、高学年になると脇毛が気になってきます。


学校での着替えの時、水着やレオタードになる時など、恥ずかしい思いをする前に、親が気づいて処理してあげられると良いですね。


そこで、小学生の脇毛処理に最適な3つの方法をご紹介します。

 

シェーバーやトリマーは肌を傷つけにくい

f:id:kebukai:20160708124848j:plain

いちばん簡単で手軽で、肌をけがする可能性が限りなく少ないのが、電気シェーバーやトリマーを使う方法です。

 

とってもお手軽な方法にカミソリがありますが、これは、直接肌に刃があたるので、毛穴や肌表面を傷つけてしまうんですよね。

 

その結果、色素沈着を招いて黒ずみになってしまうこともあるので、あまりオススメできません。

<メリット>

シェーバーは、お肌を傷つけずに剃ることができます。

摩擦も少ないので、肌が傷みにくい。

シェーバーは、脇の湾曲した部分にもしっかり当たり、きれいに剃ってくれるんですよ。

<デメリット>

表面の毛を剃るだけなので、毛穴の跡は残ります。

脇毛が少ない人はシェーバーでも十分満足できると思いますが、多い人は、ぽつぽつの跡が残るので、気になる人もいるかもしれません。

 

生えてくる毛を細く薄くする処理法があります

f:id:kebukai:20160708125641j:plain

小学生でも影響を心配せずに無理なく処理をするには、抑毛という方法もオススメです。


抑毛は、ローションタイプやジェルタイプの抑毛剤を毎日脇に塗ることで、毛が生える周期を長くし、生えてくる毛を細く薄くする方法です。


パイナップル豆乳ローションなど、自分で手軽に作れるものもありますし、市販の抑毛剤を利用することもできますよ。

<メリット>

肌に塗るだけで良いので、肌を傷めるリスクが低く、自然に見た目の毛量が少なくなります。

<デメリット>

効果が出るかどうか個人差が大きいのが難点です。

また、即効性はないので「明日きれいにしておきたい!」という時には間に合いません。

普段から少しずつ目立たなくさせておき、最終的にはシェーバーなどで処理をすると、毛穴が目立ちにくくなり、効果的です。

 

脱毛は根本的な解決になる

f:id:kebukai:20160708125817j:plain

脇毛を根本的に解決したい場合は、脱毛という方法もあります。

袖口から見える脇毛に悩むことは、一生無くなります。


脱毛には、効果の高い医療レーザー脱毛と、リーズナブルで痛みの少ないエステサロンの脱毛があります。

今は、年頃になると脱毛するのが珍しくないので、脇だけ先に処理しておいても良いかもしれません。


手軽なのはエステ脱毛ですね。

 

まとめ

以上、小学生の脇毛処理について、3つの方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


脇毛は個人差がありますが、あっという間に大人並に生えてしまうこともあります。

生えてきたと思ったら早めに処理方法を検討しておくと良いでしょう。


量が少ない間はシェーバーでも対応できます。

びっくりするほど簡単に、毛を目立たなくすることが出来ます。

しかし増えてくると、抑毛や脱毛を行ったほうが結局は本人の負担も少なくて済むということもあるんですよね。


お子さんの体が成長してきたら、ぜひ脇にも注意を向けて、早めに対処してあげましょう。

 

脇毛処理に適した処理法については、こちらのページでもう少し詳しく書いています。

 

⇒抑毛についてのもっと詳しい情報はこちらです

 

⇒エステサロン脱毛についてのもっと詳しい情報はこちらです

 

⇒医療レーサー脱毛についての詳しい情報はこちらです